Wordplessプラグインでの 「sitemap.xml」自動生成

[記事公開日]2013/09/03
[最終更新日]2013/09/20

Wordplessプラグインでの 「sitemap.xml」自動生成

googleなど、検索エンジン向けにWebサイトの更新情報をXML形式のサイトマップに出力したいのですが、Wordplessのデフォルトでは、その機能はありませんでしたが、プラグインを使うことにとってXMLファイルを自動生成してくれるみたいです。設定メモとして残しておきます。詳しいことは、参考にしたサイトを見てください。

SEOで不利な気がしたので、XMLサイトマップも自動生成して置いておくことにしました。^^;

Wordplessプラグインでの 「sitemap.xml」自動生成

「Google XML Sitemaps」というプラグインをダウンロードし、それを利用しました。とりあえず今回行った作業をメモしておきます。

やり方

  1. Wordplessのプラグインページで、「Google XML Sitemaps」のファイルをダウンロードする
  2. ダウンロードしたファイルを解凍。
    ローカルにあるWordplessフォルダの以下の場所にそのまま移動する。

    wp-content/plugins

  3. pluginsフォルダに、解凍したフォルダをそのままコピー。そして、サーバ上の同じ場所にアップロード
  4. Wordplessの管理画面にログインし、

    管理画面>プラグイン

    で、「Google XML Sitemaps」があると思うので、それを[有効化]する

XMLサイトマップを生成するには、設定が必要

  1. 管理画面>設定>XML_Sitemap にて、管理画面があるので、必要な設定をしてください。
    ページ上部にある以下の文の「こちらをクリック」の部分をクリックして、サイトマップ構築を行う

    「サイトマップはまだ構築されていません。こちらをクリックしてまず構築してください。」

  2. [sitemap.xml]が作成されたことを確認する
  3. http://ドメイン/sitemap.xml でアクセスして、ファイルが存在しているか、XMLファイルの中身がおかしくないかを確認

※このプラグインを有効化しておけば、自動的に生成&更新もしてくれるそうです。

ファイルが作成できたら、googleウェブマスターツールに登録

  1. Google ウェブマスターツールにアクセスし、XMLファイルの更新を行う

Google ウェブマスターツール(Googleウェブマスターセントラル> )については、こちらの記事もご覧ください

google用XMLサイトマップの情報源

有益な情報、ありがとうございます。とてもわかりやすくて助かりました!



Copyright © 2000-2018 Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.