コンテンツ連動型広告

[記事公開日]2013/08/27
[最終更新日]2013/09/20

コンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広告(コンテンツターゲット広告)

コンテンツ内容に合わせて広告を配信する、キーワード連動型の次に出てきた広告になります。アフィリエイトと一緒で、個人サイトなどに広告を表示する形です。ブログなど、消費者が作るコンテンツの内容に沿った内容で、自動的に広告が配信されています。

たとえばGoogleを例にとると、Googleの検索画面に入力されたキーワードに連動して広告が出てくるのがAdWords。さまざまなWebページやブログなどのページ内容を解釈して、その内容に沿って広告を配信するのがAdSenseといった具合です。

キーワード連動型もコンテンツ連動型も、クリックされてはじめて広告料金が発生するので、PPC広告の仲間になりますが、広告が表示される場所が全然ちがうので、現れる広告効果も
異なるそうです。

※現在は、AdSenseなどの広告配信内容をみると、必ずしもそのブログコンテンツの内容に沿って広告が配信されているわけではないようです。興味連動型というか、インターネットを閲覧している個人のWeb閲覧記録をベースに、広告が配信されているように思えます。



Copyright © 2000-2018 Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.