e-japan u-japan/ビジネスIT用語

記事公開日 2013-08-14

e-japan u-japan/ビジネスIT用語

日本のIT戦略の歩み

u-japan

総務省のu-Japan政策

e-japanの成果を引き継ぎ、インフラではなく「価値創発」をメインにしたフェーズ。

「ユビキタス」いつでも・どこでも・だれでもをキーワードに、より身近にITを! みたいな感じ? インフラ面からみれば、e-japanのうちに、ナローバンド→ブロードバンドになったので、u-japanからはそれをさらに発展させ→ユビキタスネットにしよう! という感じみたいです。

e-japanでは「IT」でしたが、u-japanからは、IT+コミュニケーションときうことで、「ICT」にキャッチが変更になっています。

 参考記事>

e-japan

総務省の情報通信政策

政府全体が推し進めた計画で、目標は「世界最先端のIT国家」になるようにインフラ整備→活用することがメインだったフェーズ。

2001/3 e-japan 重点計画を皮切りに、2005年にu-japanに移るまで、ブロードバンドの普及や安い料金設定など一定の効果がありました。

 参考記事>



Copyright © 2000-2018 Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.