VLOOLUP(ブイルックアップ)関数 [検索/行列関数]

[記事公開日]2013/08/30
[最終更新日]2013/09/20

VLOOLUP(ブイルックアップ)関数 [検索/行列関数]

機能

 列方向で検索して、値を取り出せます。配列からの値を検索して返します。

 行方向・列方向に検索して値を取り出す関数は、実は三種類あります。

書式

注意事項

 検索方法は省略可能。設定する際は、「TRUE」もしくは「FALSE」で指定。

指定方法(具体的な使用例)

 同シート内および別シートにあるデータも検索して値を返すことが可能です。今回は、このような表を別シートで用意しました。この値を呼び出すには、次のような式を入力すればOK!

A20に入っている数式は、「=VLOOKUP(A20,コード登録!$A$5:$E$15,2)」です。これを解説すると、

 VLOOKUP関数を使って、商品コードを入力すると、自動的に商品名と単価が表示されるように数式を設定しました。こうすることによって、打ち間違いなどを防止できますし、変わらない値(商品コード)をキーに、変動する値(商品名や単価などの詳細情報)を一か所のシートで管理できるようになります。

使い分け

呼び出し方(メニュー)



Copyright © 2000-2018 Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.