ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数 [数学/三角関数(端数処理関数)]

[記事公開日]2013/08/30
[最終更新日]2013/09/20

ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数 [数学/三角関数(端数処理関数)]

機能

 四捨五入で計算するときの関数です。小数点の切り捨て以外にも、千円未満切り捨てなど、任意の桁数での四捨五入処理が可能です。

 なお、四捨五入機能は、いくつか関数があります。整数化を行うかどうかが、ROUNDDOWNとの大きな違いです。

書式

  A B C D
1 100 3 33.333 ← 四捨五入なし
2 100 3 33 ← =ROUNDDOWN(A2/B2,0)
3 100 3 33.3 ← =ROUNDDOWN(A2/B2,1)
4 105963   105963 ← 四捨五入なし
5 105963   105000 ← =ROUNDDOWN(A5,-3)
6 105963   105900 ← =ROUND(A5,-2)

 =ROUNDDOWN(数値(計算式),桁数)

 指定方法

 =ROUNDDOWN(A2/B2,0) のように、計算式を入れて、「,」を打ち、
 桁数を指定が基本。

 桁数は0(小数点以下四捨五入)、1(小数点第二位で四捨五入)
 という具合に、桁数を数値で指定します。

 千円未満切り捨てのような指定では、-(マイナス)をつけて
 桁数を指定します。1000円なら「-3」で、0の桁数をマイナス化
 するイメージです。

 普段使うときは、(計算式),桁数で用いることが多いですが、
 例えば、C列の計算式は普通に「A2/B2」として、33.333を
 表示させ、=ROUNDDOWN(D2,0) と、D列に四捨五入結果を
 表示させるといった使い方もあります。


呼び出し方(メニュー)



Copyright © 2000-2018 Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.