データの入力規則(項目のリスト化)

[記事公開日]2013/08/31
[最終更新日]2013/09/20

データの入力規則(項目のリスト化)

 データの入力など、入力時の効率化を図るため&データ入力ミスを防ぐため、入力できる項目を予めリスト化し、入力時はそのリストから選ぶようにするといいでしょう。

使い方

 基本は、同じシート内にリストを作成し、利用します。その場合は、[元の値]の右横にあるボタンを押すことにより、ドラッグにて範囲を指定可能です。

複数シートを利用したリスト化

 複数のシートで一つのコード表などを利用するときなど、別シートでリストを管理したいときは、別シートにリストを作ることも可能ですが、その場合は、上記のように、[元]の値の横にあるボタンでは指定することができません。自分で、[元の値]を書きなおす必要があります。

  1. 同じシート内で、とりあえず入力規則をドラッグする
  2. その内容をコピーする 
    ex,「=$A$6:$A$15」
  3. 「=(シート名)!」を=の前に付け足す 
    ex,「=コード登録!$A$6:$A$15」

 このように、シート名を追記することによって、別シートにあるリストを元にすることが可能ですが、この場合は「名前の定義」を使った方法のがメジャーです。 

名前の定義を使ったやり方

 同一シート内でも複数のシートでも利用可能です。リスト化したい部分を「名前定義」して、それを呼び出すやり方です。これがメジャーなやり方。

  1. 名前定義を行う
    リスト化したい部分(ここなら、A18~A20)をドラッグ→名前ボックスに入力(ここなら、「担当」)

  2. 入力規則を選ぶ→入力値の種類[リスト]を選ぶ→元の値にカーソルを置いて、F3キーを押す。
    「名前の貼り付け」ダイアログボックスが表示されるので、選んだら(ここでは、担当)を押す。

呼び出し方(メニュー)



Copyright © 2000-2018 Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.