オートカルク機能

[記事公開日]2013/08/31
[最終更新日]2013/09/20

オートカルク機能

 選択範囲内の数値の合計や平均値などを、ステータスバーに表示する機能のことで、検算などに使うと便利です。この、自動的に計算する機能を「オートカルク」といいます。

 ※もともと、表計算ソフトは「カルクソフト」と呼ばれていました。カルクとは、計算機(Calculator)の略です。こんなふうに、昔の呼び名とか、英語の単語とかが、ふらっと機能の名称になったりするので、英語の勉強をしておくと、機能について知らなくても勘が働くようになります。(^
^;)

 Excel2007でも、2003まで、ステータスバーを右クリックすることによって任意に変更可能です。

ステータスバーで右クリックすると、自動計算される項目を選べる

Excel2007

 デフォルトで、[平均、個数、合計]の3種類の数値を自動計算してくれます。

ステータスバーで右クリックすると、自動計算される項目を選べる

Excel2003

 デフォルトで、[合計]の数値を自動計算してくれます。

ステータスバーで右クリックすると、自動計算される項目を選べる



Copyright © 2000-2018 Makiko HOSOKAWA. All rights reserved.